日本赤十字社滋賀県支部 トップに戻る

日本赤十字社滋賀県支部は、滋賀県大津市を拠点に献血・ボランティア・義援金・講習などの活動を実施


HOME >  寄付について >  遺言によるご寄付のご協力

遺言によるご寄付のご協力

近年、「自分で築いた財産を相続させた後の余剰財産を寄付したい」というご相談やお申し出をいただきます。相談される方のご事情はさまざまですが、日本赤十字社滋賀県支部では、この尊いご意思にこたえるため、遺言によるご寄付を承っております。

(遺贈について)

遺言により、自分の築いた財産を特定の人々に分けることを遺贈といいます。

この遺言による相続は、民法が定めている法定相続の規定よりも優先され、遺言書の内容により、遺産の受取人やその内容を指定することができます。

この遺言による方法で、財産の一部の受取人として「日本赤十字社滋賀県支部」を指定することができます。

一般的に、遺言は残された方々の遺産分割のもめごとを防ぎ、相続に関する複雑な手続を円滑に進めることができるといわれています。また、必要に応じて内容を書き換えることも可能です。
なお、日本赤十字社滋賀県支部に遺贈された財産には相続税がかかりません。

※パンフレットの入手についてはPDFからダウンロードしていただくか、お手数ですが、 日本赤十字社滋賀県支部までご連絡ください。

遺産の寄付をお考えのみなさまへ


このページのTOPへ